生活スタイルに合わせて、最適な電子マネーを選ぼう!

交通機関をよく利用するなら鉄道系が便利

鉄道を利用するときは切符を買わなくてはいけません。駅によってはかなり並ぶ必要があり、さらに小銭なども必要です。日々の通勤では定期券を使うでしょうが、定期券の範囲外では切符が必要になります。バスは切符は必要ないものの、降りるときなどに精算をしなければいけません。やはり支払いが面倒で、営業マンなどならかかった経費がどれくらいかを精算するのに苦労するかもしれません。交通機関をよく使用する人であれば、交通系の電子マネーの利用を検討してみましょう。通勤定期券と一体化できたり、クレジットカードやスマートフォンなどと一体化できるものもあります。一つ持っていれば、全国の多くの交通機関の精算に使えます。定期券と同じ感覚で改札を通り抜けられます。

よく使う店の多くで使えるタイプ

買い物をしたときの支払い方法として、現金、クレジットカード、そして電子マネーがあります。電子マネーは、あらかじめ電子情報が記録できるカードに金銭情報を記録するタイプで、カード状になっているものからスマホなどのアプリになっているものがあります。鉄道系や流通系、その他があり、それぞれで使えるお店の範囲が異なります。選ぶときには、自分がよく利用するお店での使い勝手の良いものを選びましょう。コンビニやドラッグストアは系列の電子マネー以外でも使えるケースが多いです。スーパーなどでは系列の仕組みでないと使えないです。近くによく使うスーパーがあってそちらで使える電子マネーがあるなら、それを持っておくと買い物が楽になります。